News・Blog

お知らせ・コラム

LEDの光色について

LEDの光色について

数年前から蛍光灯器具さえ、カタログのラインナップからなくなる時代となりました。

LED商品の研究を各企業が重ねて、明るさや機能を重視しながら、性能のよいお求めやすい価格帯になり、住宅業界にも普及しています。

LEDの光色の選び方についてご案内したいと思います。

 

3種類の光色について

建築の照明打合せの中で、大きく分けて3種類の光色を空間のニーズ合わせてご案内しております。

◆電球色 2700K

暖かみのあるリラックスした空間へ。空間演出となる間接照明や、スタンド、ブラケット、ペンダントライト、外構へも採用されます。

◆昼白色 5000K

しっかりした明るさを確保したい場所や、活動性のある空間におすすめです。手元灯、納戸、書斎。

◆温白色 3500K

自然光に近い、過ごしやすい空間へ。明るさが欲しいリビングにおすすめです。まぶしさを感じにくく、演出照明との組み合わせに実用性を増す光です。

 

LDKに求められる光色について

pointは家族構成・生活スタイル

家族構成の中に小さなお子さんがいる場合は、明るさを重視したいところ。一方で家族の団欒や寛ぎをかなえ、キッチン廻りでは、実用性のある光も欲しい。。

◆メイン ダウンライト/温白色

調光調色機能のダウンライトやリモコンのあるシーリングライトは実用性を重視したいかたにおすすめ。

◆キッチン手元 ダウンライト/昼白色

対面キッチンの場合は、単独で入切できることで、全体の雰囲気を変えずにお使いいただけます。

◆ダイニング ペンダント/電球色

お気に入りのペンダントをみつけましょう。ダイニングのレイアウトが固定しない場合は、ダウンライトに。空間演出のアクセントなるペンダントは、対面キッチンであれば、キッチンの手元にもおすすめです。

その他 スタンドや、電球色の間接照明を取り入れてはいかがでしょうか。

照明計画は、建築会社様と相談しながら、素敵な空間にしましょう。

 

資料提供:コイズミ照明株式会社

https://www.koizumi-lt.co.jp/

 

Contact

ショールーム見学のご希望、
ご相談やご質問はお気軽にお問い合わせください。

ショールーム見学予約・
採寸・お見積もり

出張可能エリア

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・大阪府愛知県・岐阜県・三重県・大阪府・富山県・石川県